貿易事務の仕事とは

貿易事務とは、 海外輸送にも関わる企業で、仕事をする事務職のことです。

このような仕事に就きたいと思っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回、貿易事務の仕事について掘り下げてみました。

貿易事務の仕事内容

貿易事務とは、 書類の作成や申請・手続きといった仕事を通し、他の社員たちのサポートをする事務の仕事です。

社内で書類作成や申請・手続きを行うという点では、他の事務職と何も変わりがないといういい方が出来てしまうのかもしれませんが、 業務をサポートという意味合いとはちょっと違って、いわば、海外輸送の現場の最前線に立つ仕事といういい方をすることができます。

貿易書類の作成・確認

まず、しなければならない仕事は、貿易書類の作成・確認です。

海外との商品やサービスの取引き、つまり貿易全面に対して、国内流通と比較しても相当リスキーな部分は一杯あるでしょう。 ですから、海外輸送の現場では、たくさんの書類のやりとりが必要になります。

取引きをする「商品」・サービスの「数量」、「価格」、取引きの「条件」と言ったものを書類というカタチで証拠として残す必要があります。

もちろんその書類を正しい流れでやり取りしないことには、海外輸送という仕事は、スムーズに決して流れていかないでしょう。

出荷・輸送・通関等の手配

次にしなければならないのは、出荷・輸送・通関等手配の仕事です。

貿易事務に関わる人たちは、トラブルなくお客様へとモノを届けるため、実務の正確さ&高いコミュニケーション能力が必要です。

輸出・輸入の際の品物の輸送では、とても多くの会社と関わっていくことになるでしょう。これから貿易事務の仕事をしたいという方々は、 英文のメールをスムーズに読み書きできる程度の英語力は最低レベルとして要求されます。

出荷・納入管理

そして、出荷・納入管理の仕事にかかわることになります。

注文を受けたモノの量、納期のデータをパソコンに入力、自社工場や倉庫にある在庫量をチェックしたりして、品物がお客様のもとに間違いなく届くように管理することが、貿易事務の仕事です。

天気の影響などによって、輸送業務が遅れたりした場合は、スケジュールの調整、また代替案のアドバイスなどを行うこともあります。

いかがでしょうか。貿易事務に必要なスキルは、英語を中心とした外国語の読み書きだったり、会話、貿易実務に関しての専門知識、そして、コミュニケーションスキルまたスピード、管理能力、フレキシィブルな対応と言ったところではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です