海上輸送フォワーダー(Forwarder)とは

海上輸送のコンテナについて勉強しているとき、フォワーダー(Forwarder)という名前も飛び込んでくるのではないでしょうか。

フォワーダーってなんなのでしょうか。今回しっかり海上輸送と関わるフォワーダーについて解説しましょう。

海上輸送のフォワーダーとは

海上輸送のフォワーダーとは、「荷主」&「運送する人」の間に立って、輸送に関しての仕事をしている人たちのことです。

フォワーダーたちは、運送手段は持っていません。海上輸送という手段を持っている運送業者のあいだに立ち、仕事をこなしていきます。

また、通関業務や輸送関係書類作成など、国際物流をするにあたっての様々な業務もフォワーダーがこなしています。

フォワーダーは、今後も現代社会のニーズに反映してどんどん仕事も増え続けていくことでしょう。

海上輸送にフォワーダーがどこまで関わりを持つのか

フォワーダーは、海上輸送においてかかすことができない存在です。複数ある荷主から貨物を集め、貨物を輸送するエリアごと分別、自分自身がひとつの貨物の荷主となって、航空会社、船の会社に対して、運送の依頼を出します。

輸出入の通関手続き、保税地域での貨物の輸送の仕事を行うことができるのは、通関士や国の許可を得ている業者だけです。

多くの会社は、フォワーダーとしっかり関わり合いをもって業務を行っていきます。

nvoccと3PLと複合輸送

フォワーダーは、海上貨物の取扱、航空貨物の取扱、また通関業務、国内運送作業手配、更には貨物の鑑定、検量、倉庫業……と言った様々な仕事をこなしています。

「乙仲」という言葉がありますが、それは海上輸送のフォワーダーとほとんど同じ意味としてとらえていいでしょう。

nvocc(non-vessel operating common carrierは、フォワーダーの中でも、海上輸送に関わる業者のことを言います。フォワーダーの方が、様々な輸送の意味を持っています。

3PL(ThirdParty Logistics)は、荷主に対して、物流の改革を提案したり、物流業ができる限りスムーズに遂行するため行う業務のことをさします。

3PLは、物流における業務に関しての「企画」、「設計」、「運営」を行っています。

では、最後に複合輸送です。輸送は海上輸送だけではありません。航空輸送もあり、陸上輸送があります。それぞれに対してメリットデメリットがあり、海上輸送だけ利用しているという人たちも少ないのかもしれないですよね。

そして、航空輸送、海上輸送、陸上輸送、それぞれのメリットを知って、組み合わせて使用する輸送の方法が、複合輸送です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です