日本の米中貿易戦争に対しての向き合い方

日本はアメリカと中国で行われている「米中貿易戦争」に対して、無関心でいていいということでは決してありません。

米中貿易戦争の影響を日本でもいま真剣に考えていかなければなりません。

日本を取り巻く貿易戦争

私達は日本を取り巻く貿易戦争がどうなのかという問題と真剣に取り組んでいかなければなりません。

アメリカの場合は、中国だけではなくて、日本に対しても貿易赤字を抱えています。ですから、トランプ大統領は、日本に対し赤字の削減を何度も要求し、関税の協議を迫っている事実があります。

しかし日本は、我が国を守るために頑張って要求に応じないことをして来たのです。

しかし、それ以上そのような立場を取ることで、アメリカとの同盟関係に悪い影響を及ぼしてしまうだろうという懸念も存在していることは事実です。

現在、両国代表者間で貿易協議が行わたり、また安倍首相とトランプ大統領の会談が頻繁に行われている現状です。

日本に対してどのような影響があるのか

果たして、日本にはどのような影響があるのでしょうか。米中貿易摩擦は、当然のことですが二国間だけの問題ではないと考えるべきです。

アメリカ向けの中国製品の一部は、ジャパニーズの製品が使用されていたりします。半導体などの電子部品、またプラスチックなどが中国に対して多く輸出されているので、間接的にはリアルに日本も大きな影響を既に受けているといういい方が出来ます。また、日本から中国への輸出も減少してしまうことでしょう。

まさに、トランプ大統領が実現しようとしているものは、「アメリカファースト」なのです。

そのためには、日本やヨーロッパからのクルマとクルマの部品への関税をあげることに対してもなんの躊躇もないでしょう。

アメリカファーストはアメリカだけのメリットであり、実現すれば世界経済に深刻な影響を与えることが予想することができ、断固して日本も反対しなければならない立場にあります。

更に、アメリカは日本に対してFTA(自由貿易協定)の協議入りを強く要求していたりしています。

FTA(自由貿易協定)を実現することができれば、 牛肉、ジャガイモと言った農産物の対日輸出拡大をはかることができ、間違いなくアメリカ優位の立場を取ることができます。しかし、そのような事態になってしまえば、日本の農業は大きな打撃を受けてしまうことになります。

TPP(環太平洋連携協定)の関税水準があり、いま日本の政府は、TPP(環太平洋連携協定)の関税の水準を越えての引き下げの予定はないと発表していますが、アメリカがその条件を呑むのかは不明です。

中古コンテナ.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です