建築基準法に則ったコンテナハウス「JIS鋼材」

これからコンテナハウスは建てようと思う人たちは、しっかり法律に従い建てるようにしましょう。あなたはついつい違法建築を建ててしまっているのかもしれません。

そのコンテナハウスは、違法建築かも

そのコンテナハウスは、違法建築かもしれません。

確かに、方法によって、コンテナハウスは、違法建築になってしまう可能性があります。

そのようなことになってしまわないように、しっかりコンテナハウスの設置条件をあらかじめチェックしておかなければならないです。

私達が、あらかじめ知らなければならないコンテナハウスの法律的ルールは、移動することができないコンテナは、その形態、用途の実態から、「建築基準法第2条第1号」に規定している建築物に該当してしまうということです。

もはや、コンテナではなく、建物そのものという感じですね。ですから、コンテナハウスは、建築基準法に基づき「確認申請」を行って、「確認済証の交付」を受けないと設置することができません。

そして、既に違法建築としてコンテナハウスが建ってしまった場合、違反建築物として扱われしまうことになり、是正指導、また是正命令の対象となってしまうことになります。

建築基準法に則ったコンテナハウスとは

おおかた、あなたもしっかり法律に従いコンテナハウスを建てたいと思っていることでしょう。

建築基準法に違反しないで、建築確認申請を難なく通過するコンテナハウスであるために、「JIS鋼材」で造られたコンテナを活用する必要があります。

JISとは、JIS(日本規格協会)のことであり、JIS(日本規格協会)によって、安全性がしっかり担保されていることになります。

また、JISが認定している工場で溶接を行う必要があります。そのようなコンテナハウスでないと、基本的には申請の許可はなかなか下りないので、そう安易にはコンテナハウスとは向きあうことができないと思いますよ。

結果、コンテナハウスは、リーズナブルに出来るものという思いもあったのかもしれませんが、高くついてしまったということがあります。

そもそも、あなたもコンテナハウスに対して何か勘違いしていることがあるかもしれないですよね。まずは、しっかりその勘違いを改善しましょう。

また、安易に安価で入手可能なISO海洋輸送用の中古のコンテナを使用したいと考えるのかもしれませんが、ISO(国際標準化機構)に認証されているだけの海上輸送の中古コンテナというのでは、まず建築確認の申請は通らないと思っていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です