海上コンテナ・seacontainerの向き合い方・住む

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームって、最近とても評判ですよね。海上コンテナ・seacontainerのトランクルームは、
非常にリーズナブルですし、いっそのこと、海上コンテナ・seacontainerのトランクルームに住んでしまおうかと思っている人たちもいるかもしれません。

しかし、海上コンテナ・seacontainerのトランクルームを住居として使用するのはNGです。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

トランクルームに住みたい

実際に海上コンテナ・seacontainerのトランクルームに住もうという発想を思い浮かべた人たちも少なくないのではないでしょうか。しかし、海上コンテナ・seacontainerのトランクルームは「住居」ではありませんので、そこに住めば「違法」となります。

でも、法律の知識をあまり持っていない人たちは、なんで違法なのかがわからないのではないでしょうか。

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームは、物品の収納・保管を目的としている「倉庫業法」という法律にもしっかり遵守する必要があります。

倉庫業法に遵守しているため、住居として届け出している訳ではありませんので、住居として住むことができません。

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームでの契約では、「宿泊、仮眠などの行為を禁止する文言」を記載している会社がほとんどです。

でも、実際に海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスと契約している訳だし、ちょっと程度住んでも問題ない……と思っている日とも多いでしょう。ちょっとは大丈夫なのかもしれませんが、周囲の人たちが、そのような事態を決して許してくれないでしょう。

ゆっくり過ごせる場所がほしい

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスなら、ゆっくり過ごせる場所が欲しいという人たちの欲求をひととき満たすことができるでしょう。

しかし、この程度の使い方なら、実際に宿泊、仮眠にあたらないからOKというケースもあるようです。

実際に海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスが趣味のための部屋であり、釣り竿が一杯並んでいて、長い時間をかけて釣り竿を並べて見ている場合、誰が、違法ということができるでしょう。

なかなか実際に海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスについて難しい問題を抱えていたりします。

要はわからない問題が出てきたら、トラブル回避のため、契約した業者さんに相談するモチベーションが正しいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です