海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウス

海上コンテナ・seacontainerを使用して、コンテナハウスを作ろうと思っている人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。

でも海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスって結構ハードルが高いようです。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

中古コンテナハウスは違法建築では

海上コンテナ・seacontainerの中古を使用して、コンテナハウスを作ることは違法建築ではないか……心配
している人たちが多いようです。もちろん、法律を気にするモチベーションは正しいです。

実際には海上コンテナ・seacontainerの中古コンテナは、なかなか 建築確認申請は通らないと考えてください。

都市計画区域外では、条件を満たすことができれば、建築確認申請は必要としないですが、建築基準法はしっかり守らねばならないでしょう。

一部地域では建築確認申請が通る地区というものも存在はするものの、多くのエリアにおいて、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、不法建築として勧告、撤去の方向性で動いている傾向があるので、呉々も注意した方がいいでしょう。

コンテナハウスで知っておくべきこと

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスを作るにあたり、私達が注意をしなければならないのは、「法律」です。

しかし、いままで海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスという発想がないから、それに見合う法律が存在していなかったともいうことができます。

でも、一般的な建築物を建築するために必要な法律は、全部に対してしっかり守る必要があります。

コンテナを利用した建築物の取扱いについて

国土交通省の通知でコンテナを利用した建築物の取扱いについてというものがあるので、それともしっかり向き合ってください。

そこには、【近年、コンテナを倉庫として、継続的に使用する例が見受けられます。このような随時また任意に移動することができない海上コンテナ・seacontainerは、その形態、使用の実態から「建築基準法第2条第1号」に規定する建築物に該当します。】とあります。

ですから、私達が海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスと向き合うとき、 建築基準法に基づく確認申請を行う必要がありますし、確認済証の交付を受けない限り、海上コンテナ・seacontainerをコンテナハウスとして設置はすることができません。

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスの中には、違反建築物として扱われ、是正指導や是正命令の対象となってしまうものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です