海上コンテナ・seacontainerとは

私達の日常生活で、海上コンテナ・sea containerってそれ程身近な存在ではないのかもしれません。でも、海上コンテナのことを知らない人たちもいないでしょう。

海上コンテナ・seacontainerは、私達が日常生活をスムーズに過ごすことが出来るよういつもとても頑張ってくれています。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

海上コンテナとは

海上コンテナ・seacontainerとは、ISO規格で標準化され、世界的に認知されています。また規格化することで、世界を通し、輸送の効率化をスムーズに行うことができます。

海上コンテナは、貿易産業、物流・logisticsに大きく貢献し続けています。

どのような素材・形状か

海上コンテナ・seacontainerとして、一番メジャーなのは、 鉄製の箱型ドライですが、他にもいろいろな形の海上コンテナ・seacontainerがあります。

一番海上コンテナ・seacontainerの基本は、ドライです。それは、鉄の箱があり、中には、荷物が置くことができるように、床があります。

実際にただそれだけの海上コンテナ・seacontainerであり、鉄の箱があれば、海上コンテナ・seacontainerになりうるのです。

そのような海上コンテナ・seacontainerは、非常に価格もリーズナブルですし、機能性もそれだけで充分というケースは多々あるので、発展途上国などでは、そのような海上コンテナ・seacontainerが、メインで海を行き来していることでしょう。

そのような異国の光景は非常に美しいです。海上コンテナ・seacontainerに魅了されている方々も、きっと多くいらっしゃることでしょう。

果たして、あの海上コンテナ・seacontainerは、どこからどこへ行くのでしょうか。

ドライコンテナに特殊な構造を付加

また、ドライコンテナに特殊な構造を付加したものとして、衣装をつるすため、海上コンテナ・seacontainerの中には、パイプラックを設置したハンガーコンテナもあり、海上を行き来しています。

大事な衣類をしっかり輸送するため、簡易式の通風孔を設けたり、内袋を用いてバルクコンテナとして使われることもあります。

バルク(乾燥ばら積み用)

また海上コンテナ・seacontainerには、バルク(乾燥ばら積み用)のものがあります。バルクは、包装のない状態で、バラ積みで、そのまま輸送する形です。

液体以外の粉状や粒状の積荷に対して、ドライバルクという言い方をします。ドライコンテナのような箱型のものもあり、ホッパ・サイロ型、タンク型と言ったものもあります。

また通風コンテナ(ベンチレーターコンテナ)、特定貨物コンテナ、 リーファーコンテナなど種類があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です